浦和の歴史

TEL048-834-5191

浦和の歴史・浦和のルーツ


JR浦和駅西口からすぐ(改札正面)にある「うなこちゃん」
江戸時代からの伝統の味「浦和のうなぎ」をPRするために誕生したマスコット『浦和うなこちゃん』。
キャラクターの作者は、アンパンマンで有名な 故やなせたかしさんです。
もともと浦和は沼地でうなぎがよく獲れたことから、うなぎ料理店が多く、うなぎの町とも言われています。
「浦和」という名前の由来
縄文期、東京湾の水が入り込み市域の半分以上が海面下で、人々が住み始めたのは1万数千年前からだそうです。
中山道あたりまで海が入り込んでいたため、湾曲した浦の意・「浦曲」が転じた説もあり、貝塚も多数発見されているそうです。
また、うらわ、という言葉は水辺の曲がりくねった様子を指し、当時入間川の、水利が悪く曲がりくねっていた状態を指す地名だった、という説があるそうです。

浦和は古くから大きな戦乱がなく、平和な町だったようです。



調(つきのみや)神社 伊勢神宮に献上する調を納める倉を境内に建て、武蔵・総国の初穂米と調の集納・運搬所としたとされています。
(「調」とは絹や麻などの繊維製品もしくは地方特産品)
 


玉蔵院にある地蔵菩薩が人々の信仰を集め、門前町が形成される。



月待ち信仰が盛んになり、調(つきのみや)神社が崇められ、さらに人々が集まる。
「つき」という その音から「ツキ」に恵まれる神社として信仰される。また「ツキ」を「月」にかけたことによる月待信仰により、狛犬ならぬコマウサギがいる神社。



2と7の付く日に市場が開かれており、町が賑わう。(二・七市場
徳川家康・秀忠が浦和に鷹狩りに訪れ、御成御殿(浦和御殿)(休憩所)(現在の常磐公園)を置く。
1591年 徳川家康が玉蔵院に十石の寺領を寄進する。

二七市の跡



浦和に中山道の宿場町 浦和宿ができる。(江戸日本橋から3ツ目の宿場町)本陣や問屋がおかれ、宿場町として繁栄。
寛永期に紀伊徳川家が御鷹場を置く
1728年 見沼代用水が完成。(徳川吉宗の名で利根川から60キロに渡り引水)
1731年見沼通船堀が開通する。(日本初の閘門式運河)
十返舎一九が浦和の市場の賑わいを歌で残す。 

見沼通船堀



1869年 浦和宿に県庁が設置され、浦和県が成立
1871年 (明治4年)浦和県が忍県(埼玉県行田市)、岩槻市と合併し、埼玉県となる。
1874年 埼玉大学教育学部の前身 師範学校が設立
1876年 埼玉県が入間県と合併し、現在の埼玉県となる。
1878年 師範学校校舎として風翔閣が建設される。
1883年 日本初の私鉄、日本鉄道の上野~熊谷間が開通し、浦和駅ができる。
1885年 日本鉄道 大宮駅が開通。
1889年 (明治22年)浦和宿は、県庁所在地となり、明治22年に浦和町となる。
     行政・教育・文化の上でも県中心地となる。
1893年 明治26年 浦和地方裁判所(現・さいたま地方裁判所の前身)が、
     現在の常盤公園の場所に建設され、現在も当時の赤レンガ堀が残っている。
1895年 現在の埼玉県立浦和高等学校ができる。
1900年 現在の埼玉県立浦和第一女子高校ができる。



1912年 与野駅できる。
1925年 関東大震災からのがれた東京の盆栽業者が多く移住し、盆栽村ができる。 

1932年 東北本線 赤羽~大宮間完成。(現在の京浜東北線
1934年 昭和9年、市制施行により、浦和市となる。
1936年 北浦和駅できる。
1949年 新制埼玉大学設置
1961年 南浦和駅できる。
1973年 武蔵野線開通。東浦和駅西浦和駅開通。
1975年 自動車の大宮ナンバー交付。
1980年 東北自動車道 浦和IC~岩槻IC間開通
1981年 浦和 伊勢丹が開店
1985年 埼京線開通。武蔵浦和駅中浦和駅できる。 

1992年 サッカーリーグ浦和レッズダイヤモンズのホームタウンとなる。
1995年 浦和市の人口が、埼玉県で1位となる。
1998年 Jリーグ大宮アリディージャが大宮市のホームタウンとなる。
2001年 埼玉高速鉄道 浦和美園駅できる。
2001年 平成13年5月大宮市与野市浦和市が合併し さいたま市となる。
2002年 サッカーワールドカップの会場となる。
2003年 平成15年4月にさいたま市が政令指定都市へ移行し、浦和区が誕生。
2005年 岩槻市さいたま市と合併
2007年 浦和パルコ開業  


浦和駅近く 中山道 浦和宿の史跡めぐり地図
浦和区の歴史

↑ PAGE TOP