神の存在について 動画

TEL048-834-5191

進化論の終着点




チャールズ・ダーウィンは「種の起源」(1859年)を著し、進化論を世に広めました。生存に適した生物が、競争に勝ち抜いて子孫を残し、進化してきたと考えたのです。
長い期間、彼の進化論は科学的真理であるかのように扱われてきました。ところが、最先端の進化論は、ダーウィンが考えもしなかった姿に変貌を遂げています。生物は競争せず「共生」することを明らかにし、創造主である神の存在さえも認め始めているのです。
この動画では、進化論がどのような終着点を迎えたのか、詳しく解説しています。

驚くべき惑星 地球 (短縮版 17分)



現在、人や宇宙の起源について説く理論には様々なものが存在します。
学校教育などで一般的に教えられている進化論。それとは反対に宗教者が説く創造論。
しかし現在、第三の観点として注目を浴びているのが「インテリジェント・デザイン」という理論です。

インテリジェント・デザイン学会ではこの理論について以下のように説明しています。
“「インテリジェント・デザイン」理論は、この宇宙が(次元的)外部へ開かれたものであって、自己充足的な閉鎖系ではないと考える。自然界に、知性あるものの「デザイン」の事実が「経験的に検出可能」なものとして証明しうる以上、何らかの超自然的「デザイナー」の存在を想定しなければならない。
従ってID理論は、超越的世界に開かれたものであると同時に、経験的・実証的な科学としての条件を満たしている。
その意味で、IDは従来の創造‐進化論争に対して第三の観点を提供するもの、あるいは宗教と科学をつなぐ理論と言われる。”

万物の起源 (短縮版 17分)



宇宙と生命はいかにして始まったのか? 一般には長い時間をかけて偶然にできたという。しかし最新の科学的発見はまったく別のシナリオの存在を明らかにしようとしている。

「岐路に立った進化論」


     視聴にはこちらをクリック(4分)

“生命はいかに誕生したのか?人類にとってこれほどの難問はない。進化論は疑問だらけである。 話題の「知的デザイン論(ID)」を、第一線の科学者たちの説明と、美しいコンピュータ・グラフィックスで描き出す。”





↑ PAGE TOP